着物などの衣類の遺品の処分の仕方

着物などの衣類の遺品の処分の仕方

今世間では遺品の整理に悩んでいる人が多くいます。遺品とは一般的に現金や土地などの資産以外の私物や愛用品、コレクションのことをいいます。
現在は高齢者世帯と子世帯が別居しているところも多いので、2世帯や3世帯の家庭と比べて遺品の数が多くなる場合があります。また高齢者の方は不要なものでも大切に取っておく方が多いので遺品の整理に時間がかかってしまいます。とくに着物などの衣類は多く残っていることがあります。
衣類で残りやすい遺品は主にスーツ、着物、パジャマなどです。昔のスーツは現在のスーツに比べて値段が高いこともあり大切に残しておく人も多いです。着物も高価なものが多く、なにより大切な記念の品であるのでこちらも遺品として残されている場合があります。パジャマに関しては亡くなる前に入院や介護を受けていたりすると、そのままになっていたりします。
故人の家族はこれらの処分の方法を考えなければいけません。
故人が気に入っていた洋服などは、それらを着せてあげて送りだしてあげるのも良いでしょう。燃えないものは棺にいれることはできませんが、洋服なら問題ありません。また子供たちや兄弟で形見分けをしたり、故人の友人に譲ってあげる方法もあります。写真に撮ったりして形を変えて保存するのも良いでしょう。
引き取り手も、再利用の方法もなければ最終的には処分をしましょう。